ネット副業を安心して行うためには特商法を確認しよう!

取引先はきちんと決めよう

ネット副業はインターネットの普及とともに増え、現在では100種類以上もあります。最近では、せどりや転売など商取引を行い差額で利益を出す方法が注目され、安く仕入れて高く売って稼ぐ人が多いです。

しかし、取引先はきちんと決めないとトラブルが起きやすくなり、事前にリサーチをしてから選ばないと損をすることになります。

特商法は利用者が安心して商品を購入できるようにするために設定し、通信販売や訪問販売などをする際には守ることが必要です。このため、ホームページにきちんと記載されているか確かめ、購入した商品に不具合やトラブルがあれば返金してもらえるようにしないといけません。

また、海外の通販サイトを使えば商品を安く仕入れやすいですが、きちんと特商法を守っているか確認しないとトラブルが起きやすく注意が必要です。

特商法にはどのような効果があるのか

特商法は取引が行われたときにトラブルを防ぐため、電話番号やメールアドレスなどの連絡先を記載することが義務付けられています。

電子商取引は取引をする相手がわからないため詐欺をしやすくなり、特商法ではこのような行為ができないようにしています。
このため、連絡先をきちんと記載し個人情報の取り扱いに関して規則を定め、利用者が信用できるようにしていることが特徴です。

副業としてせどりや転売をするためには取引先の選び方が重要になり、特商法を確かめて決めるようにすると不正をされるリスクを回避できます。
このため、安易に口コミや評判を信用せずに特商法で記載された内容を確かめ、安心して取引ができるようにすると効果的です。

どのような点をチェックすべきか

特商法は消費者の利益を守るための法律であり、ネット副業でせどりや転売をするためには必要不可欠です。仕入れは通販サイトで行いますが対面での取引ではなく、相手の顔がわからないため詐欺をしやすくなります。

このため、ホームページで連絡先や会社概要、個人情報の取り扱い方を確かめ、怪しい点がないことをチェックしてから決めることが望ましいです。
会社概要は住所や責任者の名前、固定電話番号、メールアドレスがきちんと記載され、個人情報の取り扱い方を見て不正をされるリスクがないように決める必要があります。

また、通販サイトは紹介している内容とはまったく異なるものが届いたり、無価値なものを高額で購入させられるなどのトラブルが起きやすいです。
このため、トラブルが起きても対処できる状態であるか確認し、安心して取引ができるようにしないといけません。

SNSでもご購読できます。